2016年09月05日

「もしかして…この味…」上京して4年、一人の男性が感動したおでんの味とは…

24006_main1
  • facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • google+でシェアする
  • はてなブックマーク

実家を出て一人暮らしを始めると、慣れ親しんだ家庭の味をフッと思い出し、無性に食べたくなることってありませんか?

上京して1年は、何をやっても上手くいかなかった

そう語るのは、九州・宮崎県から上京してきて、4年が経つ大地(28歳)さん。忙しい日々の中、やはり記憶に強く残る家庭の味が、恋しくなることがあるようです。

24006_02

大地さんが子どもの頃、玄関を開けた瞬間、漂う香りで晩ご飯を当てられたのが、おでんだったとか。

それほど好きなお母さんの作ったおでんを、お店のおでんとして出されたら…。

24006_06

大地さんには内緒で行われた、サプライズ!果たして気づくことはできるのでしょうか。

初めて食べた、おでんだけど…

関東のお店でおでんを食べるのは、今回が初めてだという大地さん。関東のコンビニで食べた味付けと同じなら、薄味の実家のおでんとは全然違うものだと予想します。

しかし、一口食べてみると…。

24006_01

美味しいです。でも、なんか実家の味に近い気がします。優しい味で…

と不思議そうな表情…もしや、一口でわかってしまいました!? 別室で様子を見ていたお母さんは、ちょっと嬉しそうです。

大地さんの健康を想い、毎日ご飯を作っていたお母さんの100%手作り料理。おでんには珍しく、ニンジンが入っているのも家庭料理ならではですね。

24006_03

そして、満を持してお母さんが目の前に現れ、「お母さんのおでんって気づいた?」と聞くと、「気づきました」と照れ笑い。

やはり愛情のこもっている手料理は、一味違うようです。

24006_08

実家の味を食べている自分に驚いている。ここはどこなんだって(笑)もしかして、宮崎なのかなって

遠く離れた故郷を思い浮かべてしまうほど、記憶に強く残る家庭の味。手間と時間をかければ、再現できるかもしれませんが、簡単には作れそうにありません。

24006_04

それでも手軽に作りたいときは、ダシの効いた『プチッと鍋おでん』を使えば、優しい味をサッと作ることができそうです。一人前ずつ使い切れるパックも、一人暮らしにはありがたいものです。

手作り感のある美味しいものをすぐに食べられたら、忙しい毎日に活力が湧いてくる気がします。

夏が終われば恋しくなってくる、温かいおでんの味。今年は、『母の味』を思い出しながら、自分で作ってみるのもいいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

関連する記事

その他
24342_main

親の目線、子の目線で語り合った二世帯同居の実体…それぞれの家族への想い

9月19日は『敬老の日』です。 日頃の想いや育ててくれた感謝の意を親に伝える日でもあります。 ありが ... [続きを見る]

2016年09月16日

その他
28160_main

「今のままでいいの?」メタボ体型を気にするキッカケは『名前』を呼ばれる回数

年を重ねるごとに出てくるお腹…メタボリックな体型を気にしつつも、会社の付き合いで「お酒はやめられない ... [続きを見る]

2017年04月03日

その他
25523_main13

「思い込みを捨てたら気づいたこと」父親の何気ないメールに感じた変わらない愛情

「年をとったら新しい挑戦は難しい」 「漫画家で生計を立てるなんて無理」 自分にとって未知のことは、つ ... [続きを見る]

2016年10月28日

フード・飲食
20248_17

ボクはいつもキミのそばにいたよ。 少女の成長を見守っていた意外な存在とは

キミの視点 初めてあったあの日から、ずっとそばに居てくれた。 私が小さい頃は、近くでいつも見守ってく ... [続きを見る]

2016年04月13日

話題の記事ランキング

follow us

CVNは、いま話題のコンテンツをいち早くお届けします。

PageTop