2016年04月01日

どこでもドアノブー!? 工場から衝撃動画が流出 まるでアニメのようなその技術とは

20087_main3
  • facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • google+でシェアする
  • はてなブックマーク

とある家具メーカーが極秘に開発していたハイテク家具。その全貌を写した動画が、資料と共に流出する事件が発生しました。

まだ開発途中でありながらあまりに画期的なその製品に、

「すごすぎる、絶対欲しい!」
「いや、こんなの絶対ありえないだろ。」
「まるでドラ◯◯◯みたいだ!」

と様々な声が上がっています。

早速その流出動画をご覧ください!

壁にドアが現れる!

動画に写っていたのは「ANYWHERE DOOR」と呼ばれるモザイク構造の壁。

20087_06

モザイク状に組み上げた壁に、磁気センサーを搭載したセキュリティノブを接触させると、とたんにその場所にドアが出現! 壁のどの位置にあててもドアが出現し、出入りが可能になるのだそうです。

20087_07

もしかするとこれからは「合鍵」ではなく、「合ノブ」を作る必要があるのでしょうか。持ち運びがちょっと不便そうです。

宙に浮くイス!

実は流出した動画は1点だけではありませんでした。次はなんと「宙に浮かぶイス」です!

床においたお皿のようにも見えますが、これが「AIR CHAIR」と呼ばれるイスなんです。

20087_02

動画と共に流出した資料によると、軽量素材である桐を使って形成された円盤型のイスで、独自の浮力生成エンジンを搭載しているとのこと。

20087_03

公式HPでコメントを発表

この動画を流出させてしまったのは家具ベンチャーのKAMARQ(カマルク)。

事態を受け、公式HPで正式にコメントを発表。明日には情報漏洩について新たな情報を公開するそうです。

エイプリルフールという特別な日に流出してしまったハイテク家具の動画。発売時期については何の発表もありませんが、果たしてどんな会社なのでしょうか?

またこの動画が流出するよりも前に発表された、ハイテク家具シリーズの第一弾「SOUND TABLE(サウンド テーブル)」は、予定通り発売されるとのこと。

20087_09

単なる「スピーカー内蔵テーブル」とは異なり、振動によって音を出す新技術を使い、天板全体で音楽を奏でます。

大事なことなので繰り返しますが、「SOUND TABLE」は本当に発売されます!

さて、本日はエイプリルフールです。皆さん、今日はおもいっきり嘘を楽しんでくださいね!

提供
KAMARQ
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

話題の記事ランキング

follow us

CVNは、いま話題のコンテンツをいち早くお届けします。

PageTop